Ruby関係の記事で、WindowsでRuby開発できるようにしたから日付が立ってしまいましたが、とりあえずHelloWorldを書いていきましょう。

ファイルの作成

新規ファイル作成

[File] - [New File]と選択します。

これで、新しいファイルが開きました。

ファイルの保存

[File] - [Save]を選択します。

ファイル保存のウィンドウが表示されるので、好きな保存場所を指定します。
ファイル名は画像では「Hello.rb」としています。
ファイルの種類はRubyを選びます。
保存先とファイル名の指定ができたら、「保存」をクリックします。

ファイルが保存されてVSCodeの画面上にRubyのファイルとして表示されるようになりました。

文字列の表示

ソースコードの記載

図のように
print "Hello World"
と記載します。

ファイルの保存

[File] - [Save]を選択するか、Ctrl + s を押してファイルを保存します。

ターミナルの表示

[View] - [Terminal]を選択します。

VSCodeの下半分にターミナルの画面が表示されます。
今回の例ではDドライブの下にtestフォルダを作成して、その中にRubyのファイルを入れたので、ターミナルからコマンドを使用してRubyのファイルがある場所に移動します。
cd d:\test
を実行してください。

プログラムの実行

Rubyコマンドを使用してプログラムを実行します。
ターミナル上で
Ruby Hello.rb
と打ち込んでEnterを押してください。

実行結果の「Hello World」が表示されました。